Sustainiac 取り付け Spirit GTPRO

ようやくワクチン1回目の摂取が終わりました。
1回目なのでたいした副反応もなく、少々刺した部分が触ると痛い程度。
仕事に支障はなさそうです。

それでは今回は大分県のお客様からのご依頼です。

Sustainiac Stealth Pro Sustainer(サスティニアック・ステルス・プロ・サスティナー)

こちらの取付のご依頼になります。
ギターはSteinberger Spirit GT PRO Quilt Top

サスティナーの効きの良さもさることながら、Fernandesのものと比べて小さな基盤。
コンパクトなボディにも納めることができるが強みでしょう。
大抵のギターならザグリ加工なく納められます。

ネック側に取り付けるドライバーはハムバッカーサイズを使用。といっても、下側は中身空っぽで見た目だけなんですけどね。
サウンドも切り替えられますが、今回は固定。

まずはピックガード。
ブラック3Plyでボディ全面を覆う形状で製作。
コントロールはまっすぐ並べ、ジャックを避けるように配置。

トップから基盤、コントロールが収まるザグリを空け、バック面はバッテリーボックスを増設しました。

今回のコントロールはシンプルに、ボリューム、セレクター、サスティナースイッチx2、キルスイッチ。

ブリッジピックアップは、お客様が使い慣れているという L-500。
狭いキャビティ、サスティナーのクロストークに気をつけ最小限に配線します。

サイドポジションマークの交換も同時に行いました。
φ2のLuminlay ブルーを取り付け。視認性がアップしました。

配線を終え、ボディに組み込み。
配線の配置をいじったりして、サスティナーの調整に悪戦苦闘しながらようやく完成。

黒い全面を覆うピックガードが、ギターの見た目を大きく変えてくれました。
サスティナーもしっかりと効きます。

こちらのギター
とはまるで兄弟器のようになりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です