オーバーホール BURNS Nu-Sonic Bass

今回お預かりしたのは、BURNS Nu-Sonic Bass
ショートスケールのベースです。
約30年の間になんだかいろいろあった痕跡はありますね。


特に弦高もとても高くて、まずはそこをメインに加工いたします。

ネックの仕込みを調整して、とりあえず弦高を適正にしました。
ネックを外すとネック側がなんだが怪しい。

面も出ていないしとりあえず削ってみました。
パテで修正した痕跡が現れました。でもとりあえず気にせずにセッティング。

弦高は問題なくなり、お客様にも確認いただきOKがでました。

ここでリフィニッシュの依頼になり、ついでにならといろいろ手直しさせてもらいました。

バスウッドのボディも反り返っていて、ピックガードも浮いてしまう状態。
多少ボディが薄くなってもよいとのことなので、塗装をはがしある程度まで面を出しました。

パテ盛りのネックジョイント部分もついでに修正。パテがなくなるまで削り落としてメイプルを接着。
ボディトップはポケット付近がとてもえぐれていた事と、ネックポケットも修正したかったので一度埋めました。
改めて仕込み角も調整を行いました。

これでとりあえず木工修正が終わったので、生地調整。

カラーは別タイプのBURNS BASSの指定で、ボディとヘッドはシースルーレッド、グリップはブラック。

塗装を終え組み込みですが、
音つまりがあるのでフレットすり合わせ。ついでにナットもピッチがズレているので作り直しました。
ピックアップは持ち込みのものに交換して再配線。

年末になかなかやりごたえのあるご依頼でした。

そういえば、このベースで一番悩んだのが弦。
スケールは30インチのこのベース。

ショートスケールのフラットワウンドが指定でお客様が最初にお持ち込みになったのが、
La Bella ショートスケール用のストリング
これがこのベースには4弦が長くて取付られず。

もっと短いフラットワウンドがないか探したところで、困ったときのDaddario

この時調べてわかったDaddarioのベース弦の表記。
以下4弦のボールからテーパーまでの長さです。
Short Scale = 32インチ
Medium Scale = 34インチ
Long Scale = 37.1インチ
Super Long Scale = 38インチ
(何かのご参考になればと思います)

上のLa Bellaはダダリオ弦でいうところではMedium Scaleに当たります。
ムスタングベースもミディアムですね。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です