インレイ加工・リフフレット Gibson SG Gothic

Gibson SG Gothic
ポジションマークのないエボニー指板、ブラック一色のギター。更にリアピックアップ一発。
こちらのモデルの改造のご依頼になります。

まず、この指板にディッシュインレイを入れて、フレットもフリーダムスレンレスフレットに交換です。
インレイ材に使うのはこだわりの暗めのパール柄。
ブラックパールセルではイメージと違うので、色々探して良さそうなものを入手しました。

早速ディッシュ形状に切り出し。
そして、ルーターで落とし込み加工を行います。

無事彫り終え、接着を指板と面に削ればインレイ加工は完了。
久々なこともあり、なかなか緊張感のある作業でしたが、ここまでくればいつも通り。

フレットを打ち込んで、サクサク仕上げに向けてすすめて参ります。

ピックガードもリア一発仕様で、黒3PLYで製作しました。

ブラックパールのインレイは、指板調整のままだとあまりにも目立たないので、インレイだけ艶が出るように磨いて仕上げてあります。非常にかっこよく仕上がりましたね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です