フレット交換 Gibson Les Paul Standard

フレット交換のご依頼です。
一度すり合わせをしたそうですが、あまり引き心地が良くないご様子。

フレットはステンレスのジャンボです。
Jescar 58118−S
一番大きいやつです。

早速フレットを抜いて指板調整。
指板Rや反りを整えます。溝の中の接着剤なども取り除きます。
溝の深さがきちんとないとフレットが最後まで入りませんので。

フレットの下準備。
ジャンボのステンレスフレットは固くて打ち込んでも、ほとんど指板Rになじみません。
ですのでしっかりと指板Rに合わせて曲げる必要があります。

次は端のタングを切り欠きます。
専用のフレットタングニッパーでカットしているんですけど、ステンレスに対応していないので
硬くなんとか切れるけど、切り残しが多い(笑)

コレを一本一本ヤスリで削る地味で大事な作業。削りすぎても隙間になるしギリギリで。
タングニッパーですでに手を痛めてるので、続くこの作業も苦。

ここからはテンポよく進みます。
フレットを打ち込みフレットエッジを仕上げ、バフで仕上げてフレット作業完了
ナットも新しくオイル牛骨で製作し完成!

お客様より「恐ろしく弾きやすい!」という嬉しいお言葉もいただきました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です