ブリッジ剥がれの修理

ブリッジ剥がれの修理3本です。

一本目はMartin LX
きれいに剥がれています。ピンを抜くときに剥がれてしまったそうです。
硬質でサラリとしたコーティングで接着が剥がれやすそうな質感です。
多少トップの反りも相まってはがれたのでしょう。
面出しをして再接着。

次はウクレレ
こちらもきれいに剥がれた状態でお預かり。
この状態で10年位だとか。

流石に反っているブリッジを整え再接着!

最後はBaby Taylor
トップが盛り上がりサイドが剥がれて来ています。

まずは剥がして、面を合わせて再接着。
ついでにネックシムを作り直して弦高の調整をしました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です