フロイドスタット倒れ修理 Fender Japan ST

青森より修理のご相談。

フロイドローズのスタット穴が崩壊して、ボディが割れてしまった状態です。

以前行ったご依頼と同様ですね。
https://miura-guitar.com/archives/7143

構造に問題がありますね。やはりハムバッカーザグリが大きく、残りの壁が薄いです。

以前と同様大きめに埋めて、強度アップを狙います。
ザグリを整えて、スタット穴を空けて修理完了。

致命的なダメージで実用にならなく、飾り物になってしまうかと思ったギター

とのことでしたが無事蘇りました。ブログを書いておいて良かった。

それでは、またよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です